青汁はどれを選べばいいの?満足できる青汁選びのポイント

健康や美容にいいことで知られる青汁はバラエティに富んでいて、種類も豊富です。

でも、種類が多すぎてどんな青汁を選んだらいいの?とお悩みの人も多いはずです。

そんな方に青汁選びのポイントを紹介しましょう。

◆原材料に着目

青汁のメインとなっているのがケールや大麦若葉、明日葉などの栄養価の高い野菜です。

それぞれに特徴がありますから、目的によって原材料に着目してみるのが良いでしょう。

ケールは野菜の王様と呼ばれているほどたくさんの栄養を含んでいますから、栄養補給や健康維持、疲労回復など健康面を意識している方におすすめです。

大麦若葉や明日葉はバランスよく栄養を含んでいますから、どんな方でも合います。

ダイエット効果を高めたいなら、桑の葉やクマザサが含まれているものが良いでしょう。

お通じの悩みを改善したいなら、ユーグレナが入っているものなども合うはずです。

どれもビタミンやミネラルが豊富ですから、美容効果にも期待できます。

◆安全性をチェックしよう

青汁は毎日飲むものですから、やはり安全性は外せないポイントです。

国産の原材料が使われていて、無農薬など原材料の育て方にも配慮されているものだと安全です。

また、添加物の有無も重要なポイントで、無添加で安心できるものを選ぶようにしましょう。

青汁のパッケージを見てみたり公式サイトで成分などを確認してみて、これなら安全性は確かだなと思えるものを選びましょう。

◆おいしくて飲みやすいものを

続けて青汁を飲んでいくためにも、おしくて飲みやすいものがベストです。

苦味や臭みがなくすっきりとしていたり、お茶の風味がするものなど、青汁に応じて飲みやすさも違っています。

最近はさらに飲みやすくなっていて、フルーツなどをプラスしたものもありますから、好みに合ったものを選ぶのがおすすめです。

味については見ただけではわかりませんから、ネットの口コミなどを参考にしてみましょう。

口コミやレビューなどを読んでいると、どんな味で飲みやすいかどうかの参考になります。

◆まとめ

健康や美容のために毎日青汁を飲むなら、少しでも効果のあるものを選びたいですよね。

ポイントを抑えて選ぶだけで自分に合った青汁が見つかりやすくなりますし、青汁選びの目も肥えてきます。

長く続けてこそ効果がありますから、満足できる青汁を選んで続けていきましょう。

酵素ドリンク「優光泉」の効果とはどういった点が挙げられるのか?

【優光泉がもつ効果1:「ダイエットに必要な栄養素を十分に摂取できる」】 優光泉は大根、ニンジン、トマト、キャベツ、きゅうり、ごぼう、かぼちゃ、れんこん、生姜、りんご、ぶどうなど野菜や果物を豊富に含んでいます。

 

しかも、野菜や果物だけで作られている酵素ドリンクなので無添加で、保存料や甘味料などの添加物を一切使っていません。

 

なので、野菜や果物に含まれているビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素を効率良く、効果的に摂取でき体内の酵素を増やし、消化酵素を活性化させて代謝酵素の量を増やし、基礎代謝を上げてくれるので痩せやすい体質へ導きやすくし、お通じや肌の調子を良くし、健康的にダイエットできる効果を高めてくれます。

 

【優光泉がもつ効果2:「置き換えダイエット効果を高めて、ストレスが少ない状態でダイエットできる」】 優光泉は栄養価が高く低カロリーなので、1食置き換える「置き換えダイエット」を行っても空腹感を感じにくく、ダイエットによるストレスを軽減してくれます。

 

無理な食事制限をしなくてもダイエット効果が期待できる、栄養価も高いので安心して置き換えダイエットを行うことができます。

 

【優光泉が持つ効果3:「肌荒れ改善効果」】 優光泉はニキビやアトピーなどの肌荒れ改善に効果が期待できます。

 

優光泉に含まれている酵素は人間の身体には必要不可欠なものです。

 

しかし、酵素は年齢と共に減少してしまいます。

 

酵素が減ってしまうと肌コンディションが崩れてしまい肌荒れを引き起こしやすくするので酵素を補給するためにも優光泉を飲むことでニキビやアトピーなどの肌荒れ改善につなげてくれます。

 

酵素を体内に取り込むことによって体内酵素を増やし代謝を上げることができます。

 

その結果、腸内環境が良くなり、内側から肌荒れを改善してくれます。

 

酵素はデトックス作用や代謝作用を上げることで腸内環境が改善され、肌バランスが整うので肌荒れ効果を高めてくれます。

 

参考サイトはこちらです。
http://xn--u9jth2ep63kpeaw3n0u1d.net/

痩せるためには青汁が良い!青汁で痩せる理由とは?

青汁で痩せるという話を聞いたことがありますか?でも、痩せるために青汁を飲んだのに効果がなかったという話も聞きますよね。

 

本当に青汁で痩せることができるのか、事実はどちらなのでしょうか?
実は、青汁で痩せる理由があります。

 

青汁で痩せる理由を知れば、痩せるために青汁を飲んだのに効果がなかったという話にも納得できると思いますよ。

 

ここでは青汁で痩せる理由について、詳しく紹介しています。

 

◆青汁を飲むだけでは痩せるとは言えない
初めに知っておいてほしいことは、青汁を飲むだけでは痩せることはできないということです。

 

青汁を飲んでもスイーツなどをたくさん食べてしまえば、カロリー摂取が過剰になるので、痩せることはありません。

 

青汁はダイエット食品ではないので、青汁を飲むだけではなくて、必要以上のカロリーを摂取しないようにすることも大切ですよ。

 

◆青汁で痩せる理由は食物繊維にある
青汁で痩せると言われる理由は「食物繊維」にあります。

 

青汁の原材料はケール、明日葉、大麦若葉などが有名ですが、共通点は「緑黄色野菜」ということです。

 

緑黄色野菜には食物繊維が豊富ですよね。

 

つまり、食物繊維を摂取すると痩せる効果が考えられるので、青汁を飲むと痩せるとされています。

 

これが青汁で痩せる理由の一つですよ。

 

食物繊維は便秘解消に良いことはご存知ですよね。

 

体の老廃物を排出してくれるので、結果的には体重が減って痩せると感じられるのです。

 

◆青汁に含まれる食物繊維の効果
青汁の食物繊維で痩せるとされる理由はまだあります。

 

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があって、青汁にはどちらも含まれています。

 

水溶性食物繊維は水分を含むとドロッとした状態になります。

 

ドロドロの状態ではほかの物にまとわりつきますよね。

 

つまり、このドロドロになった食物繊維が一緒に食べた脂質や糖質にまとわりついてしまうため、体は脂質や糖質の吸収が上手くできなくなります。

 

これは脂質や糖質の吸収を穏やかにできるということです。

 

もちろん、吸収されてしまう前に食物繊維と一緒に排出される脂質や糖質も増えます。

 

要するに食物繊維を摂っていれば、脂質や糖質の吸収量を減らせるということですよ。

 

同じような食事をしても脂質や糖質の吸収量が減れば、それだけカロリーを減らせるので痩せることができますよね。

 

◆食物繊維で痩せる理由は波及効果にもある
青汁で痩せる理由は食物繊維にあると説明しました。

 

でも、食物繊維の波及効果を考えると、青汁で痩せる理由がもっと見つかりますよ。

 

青汁で食物繊維を摂取すると、脂質や糖質の吸収が穏やかになります。

 

これは血糖値の上昇が穏やかになるということでもあります。

 

スーパーなどで売っているトクホ(特定保健用食品)を見ると、血糖値の上昇を穏やかにするなどと書かれた商品がありますよね?これも難消化性デキストリンという食物繊維の効果ですが、この効果が青汁で痩せる理由になると言えますよ。

 

◆血糖値の上昇が穏やかになると痩せる可能性がある
何かを食べると血糖値が上昇しますよね。

 

血糖値が上がるとインスリンが分泌されて、そのインスリンが細胞や臓器に血糖(ブドウ糖)を渡します。

 

残ったブドウ糖はグリコーゲンとして肝臓に保存されます。

 

空腹時などのエネルギーが足りないときには、体はグリコーゲンを中性脂肪に変えてエネルギー源として使います。

 

でも、お腹が空いたときは何か食べてしまいますよね?すると、先ほどと同じことが繰り返されてグリコーゲンが溜まってしまいます。

 

グリコーゲンは一杯になると中性脂肪を経て「脂肪細胞」になります。

 

つまり、脂肪になって太るのです。

 

でも、血糖値の上昇が穏やかになれば、インスリンが十分に機能して細胞や臓器にブドウ糖を十分に渡すことができるようになる可能性が高くなります。

 

もちろん、必要以上に食べてしまえば、細胞などに渡せずに残るブドウ糖も増えてしまいますが、適度に食べていれば、グリコーゲンの合成が抑えられて太りにくくなりますよ。

 

つまり、血糖値の上昇が穏やかになるだけで痩せる可能性もあるのです。

 

少なくとも肥満の予防には効果的と言えますよ。

 

◆厚生労働省も推奨する抗酸化ビタミンの効果
厚生労働省は健康日本21の中で「抗酸化ビタミンが健康に良い」としています。

 

抗酸化ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれていて、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどのことを指しています。

 

この抗酸化ビタミンには「抗酸化作用」があって、血液中の脂肪分が酸化されにくい状態にする効果などがあります。

 

血液中の脂質(中性脂肪、コレステロールなど)が酸化されて「過酸化脂質」になると、血管にくっついて血液の流れが邪魔されてしまいます。

 

血液の流れが悪くなると代謝機能が落ちてしまいますよね。

 

基礎代謝も代謝機能なので、代謝機能を落とさないことが痩せることにつながるのは分かりますよね?
つまり、青汁で痩せる理由の一つが、抗酸化ビタミンを効率良く摂取できることなのです。

 

◆青汁には痩せる成分を含む物がある
実は、青汁の原材料によっては痩せる効果が期待できる成分を含むことがあります。

 

これも青汁で痩せる理由の一つと言えますよ。

 

例えば、青汁の原材料で有名な明日葉には「カルコン」という栄養素があります。

 

カルコンはアディポネクチンというホルモンを活発にすることで内臓脂肪を減少させられる成分です。

 

アディポネクチンが活性化すると内臓脂肪が減少することははっきりしているので、十分に青汁で痩せる理由になると思いますよ。

 

また、桑の葉に入っている「1-デオキシノジリマイシン」は食物繊維と同じで糖の吸収を穏やかにしてくれます。

 

肥満予防に効果的な成分として人気になっているので、痩せるとは言えないまでも太りにくくなると思いますよ。

 

さらに、クマザサの「リグニン」にも肥満予防の効果があります。

 

長命草にはポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」が入っていて、脂肪の蓄積を抑制する効果があるとして有名になっています。

 

ダイエットサプリとしても使われているクロロゲン酸なので、長命草の青汁で痩せる理由になると思いますよ。

 

◆まとめ
青汁で痩せる理由は、青汁に含まれている食物繊維と抗酸化ビタミンなどにあると言えます。

 

これらの効果が痩せる理由になるのは、今までよりも脂質や糖質の吸収を抑えることができたり、基礎代謝を落とさないようにできたりするからです。

 

ですから、青汁で痩せると思って必要以上のカロリーを摂取してしまうと意味がないと言えますよ。

 

青汁で痩せるためには、青汁を飲むと同時に必要以上のカロリーを摂取しないことが大切ですよ。

 

そして、青汁でビタミンやミネラルを十分に摂れて代謝機能を高められるので、運動も取り入れれば、より痩せる効果を得られると思いますよ。

 

試してくださいね。

 

酵素ダイエットは太る?酵素ダイエットで太る原因とは?

酵素ダイエットで太るという話を聞いたことがありますよね?酵素ダイエットもダイエットなので、痩せることはあっても太ることはないと思いますよね。

 

でも、酵素ダイエットで太るという話はよくあります。

 

実は、酵素ダイエットで太るのは酵素ダイエットを理解していないことに原因があります。

 

酵素ダイエットをシッカリと理解すれば、太ることもなくなりますよ。

 

ここでは酵素ダイエットや酵素ダイエットが太るとされる原因などについて、詳しく紹介しています。

 

◆酵素ダイエットの酵素って?
酵素ダイエットはダイエット方法の一つですが、酵素が何か知っていますか?
酵素はたんぱく質に分類される化学物質で、複数のアミノ酸で構成されています。

 

つまり、酵素ダイエットを簡単に言えば、たんぱく質を摂取して痩せる方法という訳です。

 

何だか太る気もしますよね。

 

でも、酵素ダイエットで痩せる理由はちゃんとしていますよ。

 

酵素には「代謝酵素」と「消化酵素」があります。

 

この酵素も体の中で作られている成分ですから、加齢によって酵素を生成する機能も衰えてしまいます。

 

加齢によって酵素が少なくなると基礎代謝が低下して太るので、酵素ドリンクや酵素サプリで酵素を補給して太ることを避けようというのが、酵素ダイエットの基本ですね。

 

また、消化酵素が減ると食べ物が上手く消化されません。

 

十分に栄養補給ができなくなって、病気になるおそれもあります。

 

つまり、酵素ダイエットで酵素を補給することは太ることを避けるだけではなくて、健康を維持するためにも役立つことと考えられますよね。

 

◆酵素ダイエットの酵素はたんぱく質である
酵素ダイエットの基本を説明しましたが、酵素ダイエットの基本の中に太る原因があったことに気づきましたか?
上手に説明されると分からないことなので、気づかなくても大丈夫ですよ。

 

実は「酵素がたんぱく質の一種」ということが一つ目のポイントです。

 

酵素ダイエットでは酵素ドリンクや酵素サプリなどを使いますが、これらの中に含まれる酵素はたんぱく質の一種です。

 

たんぱく質ですから、体の中ではバラバラに分解されて吸収されています。

 

これはカロリーを持った栄養を摂取したと言えますよね。

 

要するに、酵素ダイエットで酵素を摂取するときには「カロリーを摂取している」という自覚がなければ太ることになりますよ。

 

そのため、酵素ダイエットでは必ず食事を置き換えるという方法を行いますよね。

 

◆酵素ダイエットは消化吸収も助ける
酵素ダイエットの基本の中にある太る原因はまだありますよ。

 

実は、酵素は代謝酵素だけではなく、消化酵素も助けています。

 

これは、酵素がたんぱく質の一種で栄養素として体に入るため、体のすべての機能を高める作用があるからですよ。

 

つまり、酵素ダイエットでは代謝酵素を維持するだけではなくて、消化酵素も維持することにつながっています。

 

そのため、酵素ダイエットで基礎代謝だけをアップさせたいのに「消化酵素の機能もアップした」ということもよくありますよ。

 

消化酵素の機能がアップすると、当然のように胃腸の機能が良くなって食べ物を消化吸収する能力が高くなります。

 

吸収が良くなれば、それだけ栄養素を吸収してカロリーの摂取量を増やすことになりますよね。

 

これが酵素ダイエットで太る原因の一つとなっていますよ。

 

◆酵素ダイエットの落とし穴
酵素ダイエットは代謝酵素だけを助けるという都合の良いダイエット方法ではありません。

 

消化酵素も助けて消化吸収の効率を高めて太ることがあるので、十分な注意が必要と言えますよ。

 

でも、どうして酵素ダイエットなのに消化酵素の機能まで助けてしまうのか、分かりますか?実は、多くの人が酵素や酵素ダイエットについて勘違いしているためにそういう疑問が生まれると言われているんですよ。

 

酵素ダイエットの紹介サイトなどを見ると、酵素を摂取して代謝酵素を増やして基礎代謝をアップするというような記載がありますよね。

 

実は、ここが落とし穴になっています。

 

発酵食品などの食べ物には酵素がたくさん含まれています。

 

でも、この酵素は口に入ると、たんぱく質の一種なので「ただの栄養素」になります。

 

消化吸収されるときにはバラバラに分解されていて酵素の形はありません。

 

ですから、酵素ダイエットで酵素を摂取しても代謝酵素を増やすことはできないのです。

 

すると、太るとか痩せるとか、それ以前の話になりますよね。

 

◆酵素ダイエットで酵素を摂取する意味
酵素ダイエットで酵素を摂取すると、栄養素は摂取できます。

 

酵素ダイエットで使う酵素ドリンクなどは酵母などが発酵したエキスが入っているため、食べ物をそのまま食べるよりもずっと消化吸収しやすくなっています。

 

発酵を促す微生物が、人間の消化を助けているというイメージですね。

 

消化吸収の効率が良くなれば、必要な場所に必要な栄養素が届くようになりますよね。

 

つまり、代謝酵素を生み出す細胞にも十分な栄養素が届きやすくなり、代謝酵素を作る効率がアップするということが分かりますよね。

 

酵素ダイエットの本質はここにあります。

 

酵素ダイエットで代謝酵素を補って基礎代謝をアップするのではありません。

 

酵素ダイエットでは酵素を含む消化吸収されやすい栄養素を摂取することで、自分の体にある代謝酵素を作る機能をアップさせます。

 

そして、基礎代謝を高い状態に保つことで太ることを避けるのが酵素ダイエットですよ。

 

◆酵素ダイエットで栄養を摂りすぎる?
酵素ダイエットにはもう一つ落とし穴がありますよ。

 

それは酵素ダイエットに使う酵素ドリンクや酵素サプリに関係しています。

 

酵素ドリンクや酵素サプリは消化吸収の効率をアップするため、普通に食事をすることに加えて摂取すると太る原因となります。

 

そのため、酵素ダイエットでは「食事を置き換える」ことが必須ですが、酵素ドリンク自体のカロリーを忘れてしまう人も少なくありません。

 

酵素ドリンクはカロリーがゼロの飲み物ではないので、それも忘れないようにしましょうね。

 

また、酵素ダイエットは置き換えることを前提に作られているため、栄養素が豊富に含まれます。

 

当然、一食分の栄養素を含む必要がありますからね。

 

でも、これがあだになることがあります。

 

栄養が豊富ということで栄養過多になることがあります。

 

栄養過多になれば、それに伴ってカロリーも増えるということなので、酵素ダイエットで太る原因となりますよ。

 

この点も忘れないでくださいね。

 

◆酵素ダイエットで太る原因をまとめると?
難しい解説もあったので、酵素ダイエットで太る原因をまとめてみましょうね。

 

酵素ダイエットで太るとされている原因には次のようなことがあります。

 

・酵素はカロリーのあるたんぱく質の一種ということを忘れている。

 

・酵素ダイエットは消化酵素の機能も高めている。

 

・酵素ダイエットに使う酵素商品のカロリーを忘れている。

 

・栄養過多になっている。

 

簡単に考えると「酵素もカロリーがある」と「酵素で栄養の吸収が良くなる」という2つのことを覚えておけば、酵素ダイエットで太ることもなくなると思いますよ。

 

◆まとめ
酵素ダイエットは太るという話もありますが、酵素ダイエットのことをシッカリと理解していれば太ることはありません。

 

酵素ダイエットをするときは「酵素もカロリーがある」と「酵素で栄養の吸収が良くなる」を頭に入れておけば、酵素ダイエットで太ることもなくなると思いますよ。

 

酵素ダイエットはとても効率の良いダイエット方法の一つです。

 

食事を置き換えるのは大変かも知れませんが、ちょっと我慢するだけで成功しやすいダイエット方法なので挑戦してみる価値はあると思いますよ。

 

ベルタ酵素(酵素ドリンク)の実際の効果や効能について

近年、インターネットや雑誌・テレビなどのメディアで酵素ダイエットが取り上げられ、様々な種類の酵素ドリンクが発売されています。

 

酵素ダイエットとは、ドリンクやサプリで体内の酵素を補って、体のリズムを活性化させ健康な体を作ることにあります。

 

更に体をリセットし、健康を増進させる効果のあるファスティング(プチ断食)を加えることにより、ダイエットする人をサポートしていくのです。

 

1.ベルタ酵素ドリンクのこだわり
ベルタ酵素ドリンクは165種類もの酵素を配合し、美容成分であるヒアルロン酸・プラセンタ・ザクロも最大限配合しています。

 

味は、ピーチ味になっており、とても飲みやすいのが特徴です。

 

美容にも健康にも効果的です。

 

2.ベルタ酵素の効果
ピーチ味で飲みやすく、ベルタ酵素を飲み続けることで美容や健康への効果が現れ、1食もしくは2食をベルタ酵素に置き換えるとダイエットにも効果的です。

 

2週間~1か月ほどで、体の調子が良くなったり、徐々に減量に繋がっていきます。

 

美容にも健康にも繋がると評判です。

 

3.ベルタ酵素の美容成分の効能
・ヒアルロン酸は、水分を保持する能力を持ち、肌にハリを与えます。

 

少量であっても効率よく美容に貢献できます。

 

・プラセンタは、哺乳動物の胎盤から作られています。

 

健やかな身体を作り、他にも沢山の有用成分により、美容や健康維持に繋がります。

 

・ザクロは、植物性天然エストロゲンという成分が含まれています。

 

女性の体を正常化し、妊産婦や中高年の女性特有の悩みにも効果があります。

 

ベルタ酵素は酵素を最大限配合し、飲みやすい味で続けられるよう工夫がされています。

 

また、美容成分も配合されているので、女性の肌やリズムにとっても嬉しい成分が配合されています。

 

気軽に相談出来たり、飲み方や置き換え方の提案もありますので、試してみる価値はあると思います。

 

ダイエットだけではなく、美容や健康にも繋がる評判の商品であると言えます。